理念と目指す街のすがた

1. 政治理念

困難を乗り越えることができる環境を

 人生において何が大切なことなのでしょうか。幸せとはいったいどんなものなのでしょうか。答えは、今を生きる人の数だけ存在するのだと思います。だからこそ、目に見える結果がどうであれ、自分色の人生をかたちづくることができるかどうかを常に意識しなければならないと思うのです。われわれがコントロールできない運命というものがあるにせよ、人生を自らの手で握っているという実感が、日々の充実の根っこにあるとのだ私は信じています。

 自由にそして柔軟に考え、行動する。そうあるためには、選択肢がさまざまな環境によって制約をうけないことが重要です。また、失敗への恐怖は行動に大きな制限をかけてしまいます。一度の失敗が人生を決めてしまう、また、そう思い込んでしまうような社会は生きやすい社会とはいえません。その昔、「死に至る病とは絶望である」と言った哲学者がいました。こり固まった制度や価値観が壁になって、人生を前向きに歩んでいく希望が持てないということ、それは社会の病です。たとえ困難や失敗に直面しても、乗り越えていける社会だからこそ、みずからの決断においての多様性が育まれるというものです。

しなやかに強いコミュニティと人格

 コミュニティは、規模の大小を問わず、安定した期間が長くなればなるほど、しがらみが増していきます。集団を維持していく仕組みであるともいえる既成概念がすべて悪いとは思いません。ただ、既成概念のなかには、人的・物的資源の効率的な配分を阻害しているものも多いのです。この配分の歪み、言いかえれば、既得権益の存在は社会のダイナミズムを失うことにつながります。これこそが、歴史上多くのコミュニティを衰退に導いた根本原因なのだと私はおもいます。

 既成概念が生まれることは避けることができないとしても、あらゆる人が目標へ向かっていける環境をつくることで、変化に対応できる社会の強靭さをつくりあげることができると私は信じています。守るべきものは守り、それでいて変化に強いということが、個人においてもコミュニティにおいても活力を維持する秘訣である気がします。そのような社会を実現するためにも、私は多様な選択肢をとることができる環境をつくることを目指します。そして、あらゆる場面において、個人の人生と人格の豊かさを実現するという理想をもって行動します。

リアリズムと理想主義

 行動、政策を考える際に大切にしている考えはリアリズムです。リアリズムは国際政治学の概念ですが、自覚の有無はさておき、ひとりひとりが目指すべき利益を持ち、重要視するとすれば、日常生活においてもおおよそ準用できると考えています。利益というものがどのようなものであっても、人間の本性は変わりません。利益を裏づけするものには嫉妬や愛憎、虚栄心も含まれます。むしろ、そのような情念が人を突き動かしていることのほうが多いのではないでしょうか。

 ヒュームという哲学者は「理性は情念の奴隷である」と喝破しました。一見、合理的にみえる判断であっても根源にはなんらかの情念をかかえているものです。いかなる場合に判断力を曇らせるか、感情に振り回されるかは到底わかりえず、理性によって感情を統制することが不可能であることは、想像してみればわかることです。理性が支配している社会であるならば、人間関係も社会ももっと平穏であるはずなのです。利己的な人間の勢力争いにたいする現実的な対応は、利益を調整するにあたっては重要な姿勢だとおもいます。集団に関しては徹底的にリアリズムで、一対一のつながりにおいては理想主義で臨むというのが私の行動原理です。

地方議員の役割をどう考えるか

 地方議員の役割とは何か。それは、議案をしっかりとチェックして判断をすることにあるとおもいます。声を聞いて行政にかけあうことも、いろいろな事業の課題に対して何かしらの提言をすることも重要な役割ですが、すべての活動の土台、権限の源泉は議決権にあります。市政に関する一般質問や議案の質疑については、まさに議決権を充実させるためにあるものだと認識しています。地方議会は条例を制定することができますが、立法機関である国会とはすこし趣きが違います。国会が議院内閣制であるのに対し、地方議会は二元代表制です。現実的にみてもチェック機能の重要性が問われていると考えています。

 議決権をしっかりと行使するには、当局のスペシャリストに伍するだけの知識が必要となります。言うは易しですが、知識の分野は市政全般にわたるものでなければなりませんし、知識をみなさまの声をとどけるために使わなければ、行政側のいいなりであるのと同じです。そのためには、勉強をし、声を聞き、また勉強するというサイクルが必要です。究極の目標は、「声なき声をつかみ、行政に届けて実現すること」です。

2. 目指す街のすがた(編集中)

1. 住みやすいだけでなく住みたい街へ

いまここにいることは、偶然かもしれません。その偶然を必然に変えたい。誇りを持って住めるような街、"つぅ"へ。都市のハード面とソフト面のバランスのよい発展を重視します。

2. さまざまなハードルをのりこえて

人生におけるさまざまハードル。たとえどんな壁や失敗に直面しても、希望が失われることのないようにしたい。「孤独」「貧困」「病」への対応を考えます。

3. 教育こそ社会のいしずえ

充実した教育の機会は、ひとりひとりの人生をつくりあげる上で、大切な礎となります。そしてそれは、この社会の礎にもなるのです。新しい時代に即した教育を進めます。

4. 実行力を備えた行政と議会を

政治への無関心が叫ばれて久しいですが、議会が信頼を得るにはどうすればよいのでしょうか。効率化を進めること、そして実行力を備える必要があります。

投稿日:2017年10月16日 更新日:

Copyright© 龍神けいすけ Website , 2019 All Rights Reserved.