理念・目指す政策

政治理念

人生において何が大切か。幸せとはどんなものか。答えは、過去を生き今を生きる人の数だけ存在します。だからこそ、目に見える結果はどうであれ、自分の人生を自分で形づくることを常に意識しなければならないと思うのです。われわれがコントロールすることのできない運命があるとしても、自らの手で人生を握っているという実感が日々の充実の根本にあるのだと私は信じています。

そのためには、自由にそして柔軟に考え行動できること、選択肢が制約をうけないことが重要です。失敗への恐怖は行動に大きな制限をかけます。一度の失敗が人生を決めてしまう、そう思い込んでしまう社会は生きやすい社会とはいえません。「死に至る病とは絶望である」と述べた哲学者がいました。こり固まった制度や価値観が壁になって、歩みをすすめる希望が持てないこと。それは社会の病です。困難や失敗に直面しても、乗り越えることができる可能性がある社会だからこそ、自らの決断する自由が生まれるのだと思います。

目指す政策

01 教育

児童生徒の興味関心はさまざまあり、学習のスピードも異なります。公教育は一定の水準を確保する必要がありますが、個性に応じた教育環境を整えることが、われわれ大人に課せられた使命です。児童生徒の可能性を広げる教育を行うためには、教育の個別最適化をはかる必要があります。最適化を達成した先にいわゆる「主体的・対話的で深い学び」があると思うのです。

時代とともに求められる能力が変わり、教育環境がその変化についていけなくなっているように感じます。めまぐるしく変わる社会環境に対応するため、みずから正解を導き出す力を体得できるようにしなければなりません。かねてより主張してきた教育におけるICT利用(1人1台端末環境など)がコロナ禍において劇的に進みました。ハード整備はあくまでもスタートライン。引き続き、運用の充実に取り組みます。

一方で、教育現場の負担は増しています。2019年にOECDが1週間当たりの教員の勤務時間を調査した結果、日本の教員の労働時間は参加国のなかで最長でした。教員が疲弊してしまっていては、現場で教育の質を向上させていくための準備やデザインに時間を割くことができません。学校という職場に関係するひとつひとつの要素を分析し、過重な仕事を減らしていくという視点が必要不可欠です。教員の皆様に理想をもって活躍してもらうために。学校の働き方改革を同時に進める必要があります。


02 行財政改革

アナログが多く残る行政のデジタル化をすすめるためには、単にいままで行われていた業務に関してデジタル技術を活用するだけではなく、業務プロセスそのものを見直し、新たな仕事や組織のかたちをつくる姿勢が必要だと感じます。

その上で、デジタル技術の活用には2つの視点があります。ひとつは行政サービスの充実。たとえばオンライン手続の充実など、時間や場所、煩雑な手続きといった壁をできるだけ取りのぞき、市民の利便性向上をはかるものです。もうひとつが、行政事務の効率化・最適化。職員の負担を軽減し注力すべき仕事に集中できる環境をつくるのみならず、データの集積やAIの活用によって全体最適を追求するものです。

そのためには、UI / UXの改善も含めて、職員のスキルアップや”仕切れる”人材が必要になってきます。これらデジタル活用が予期しない問題をもたらす可能性はありますが、まずはやってみる姿勢が大切。ダーウィンの進化論を持ち出すまでもなく、変化を受け入れることができない組織や個人は生き残ることはできません。特に、そのスピードが早まっている現代ではなおさらです。デジタル技術の活用そのものが問われるだけでなく、行政の組織としての柔軟性、機動性が問われています。


03 スポーツ政策

スポーツは健康を増進し、教育の効果があり、地域への愛着を高めることにつながり、地域内外から人々を集め経済効果を生むなど、さまざまなパワーがあります。なにより心が震えるあの時間、瞬間はなにものにも代えがたいものであると個人的に思います。

さまざまな果実を地域にもたらすスポーツをする・みる・ささえる。スポーツ施設の整備運用などのハード面、指導者の確保や地域のスポーツ環境整備などのソフト面、あらゆるインフラを充実させていく必要があります。

日常で気軽にスポーツに取り組める機会、プロスポーツのさまざまなかたちでの地域への関わり、スポーツイベントの招致などによる地域の盛り上がり。スポーツを通してこのまちに住まう人々がワクワクする体験と感動を得ることができ、そして、日々の生活に何かを還元することができること。全ての人がスポーツにアクセスでき、その価値を感じることができる都市をつくることが私の目標です。自身もあらゆるスポーツにチャレンジして魅力を発信していきます。


04 魅力あるまちづくり

人口減少下においても技術革新による生産性向上で経済成長は達成できるかもしれません。一方で、観念的にまちの活性化というものを考えれば、地域に人がつどい、地域のなかで所得と消費による循環が活発になることが大事です。おもしろいことや、新しいことに取り組む人、多様な人材がチャレンジしやすい環境をつくることでまちに人が集まるようしたいと考えています。

地域に根ざした産業、競争力のある産業の発展のため支援体制を整える。子育てや医療の充実、防災、公共交通の整備など暮らしやすい生活環境。一度外へ出た人達が戻ってきたいと思うようなまち、人を惹きつける魅力のあるまちは、タペストリーのようにさまざまな要素が織りなすものだと思います。一朝一夕に解決できる問題ではありません。

また、政策を実現するための財政基盤が必要です。必要的な経費が硬直化するなかで、削減ありきではなく、まちの課題を解決するために、新しいことに取り組む資金を確保することを考えて財政をチェックしていきたいと思います。自治体の公共施設・インフラを適切に管理することは今後ますます重要になります。地域生活を支えること、新たな活用方法などを勘案して考えていきます。