「充実した暮らしのあるまち」を創りたい。都市のソフト面の魅力、教育や地域コミュニティ、子育て、福祉などの理想を追い求め、未来に向かってしなやかに強く成長する津を目指します。


昔から目上によく噛みつき、生意気だと言われることが多かった私ですが、どれほど不器用な生き方だといわれようとも、譲れないものを譲るつもりはありません。


「みずからつくりあげる人生と人格の豊かさの実現」。多様な生き方が認められ、そのための選択肢があって、道徳的な立ち位置を見失なうことがない。そのような個人、そのような社会を目指す。それが私の信念です。


「充実した暮らしのあるまち」を目指すのも、ひとえに、いまここに暮らす人々のこころが豊かで満たされている、という理想のためです。
物質的な目標は手段に過ぎません。理屈などなく、ただ、混じり気のない笑顔に溢れた社会になってほしいだけです。


未熟者かもしれません。青臭いかもしれません。理想論かもしれません。30才の若造です。しかし若いからこそやれること、突破できることがある。若いからこそやらなくてはいけないことがある。

打たれることは覚悟の上。出る杭になってやり抜く所存です