未来のために出る杭になる

理念・政策

理念

幸せとはいったいどんなものか。答えは生きる人の数だけ存在します。人にはさまざまな願い事があります。だからこそ、どんな環境にあっても「自分色の人生を形づくることができるか」それを常に意識できる環境が大切だと思うのです。

「死に至る病とは絶望である」かつてそう言った哲学者がいました。こり固まった制度や価値観が壁になり、自分らしく人生を歩む希望を阻害されることは社会の病。「選択肢が豊かで多様性のある環境をつくる」理想をいかなる場面でも忘れずに行動します。

 

政策

1. 住みやすいだけでなく住みたい街へ

いまここにいることは、偶然かもしれません。その偶然を必然に変えたい。誇りを持って住めるような街、”つぅ”へ。都市のハード面とソフト面のバランスのよい発展を重視します。
 

2. さまざまなハードルをのりこえて

人生におけるさまざまハードル。たとえどんな壁や失敗に直面しても、希望が失われることのないようにしたい。「孤独」「貧困」「病」への対応を考えます。
 

3. 教育こそ社会のいしずえ

十分な教育の機会は、ひとりひとりの人生をつくりあげる上で、大切な礎となります。そしてそれは、この社会の礎にもなるのです。
 

4. 実行力を備えた行政と議会を

政治への無関心が叫ばれて久しいですが、政治が信頼を得るにはどうすればよいのでしょうか。なによりも実行力を備える必要があります。
 
 
 

Copyright© 龍神けいすけWebsite , 2017 All Rights Reserved.