謹賀新年

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます!

…と新年の気分に浸る間もなく、
バタバタとした毎日を過ごしています。

元旦には家族の恒例行事である熊野本宮参拝だけは、
欠かさずに行ってきました。


昨年は事務所開きを開催させて頂き、
また日々の活動においても、
多くの方々のご支援を頂いているわけですが、
ここ数週間は特にその思いを強くしています。

先が見えない苦しさの中で、
何がいま、原動力となっているかといえば、
みなさんの期待に背いてはならないという気持ち、
これまでの人生であたためてきた
理念・倫理観を実現するのだという思い、です。


「政治的判断力」には3つの要素があると思います。
・事実を精確に判断する能力
・選好の量と質を測る力
・個人の行動理念

このうち「個人の行動理念」は判断において、
足枷になるものかもしれません。
どれほど状況を把握し、他人の行動を読んでいても、
とりうる最適な手段を行動理念が否とすれば、
それは取られる行動とはなり得ないわけです。

しかし、マックス・ヴェーバーもいうように、
個人的には、この「それでもしかし!」という気持ちが、
政治活動をする人間にとって一番重要なものだと感じます。

個々の政策を枝とすれば、
政治理念は幹となる部分なのです。


繰り返しになりますが、
まさに毎日をもがきながら行動するなか、
心の支えになっているのは、
選択肢が豊かで寛容なコミュニティを作りたいという気持ち。
そして、みなさんの温かいご支援です。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします!


後援会について 


「龍神けいすけ後援会」では、後援会の会員を募集しています。 活動をしていくにあたって、みなさまのお力が一番の支えになります。ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。