これから

1. やりたいことができるようになった(インプット)

ようやく選挙後のバタバタが収まりつつあります。第1回の臨時会からの議会活動も、初めての経験で右往左往しつつ終えることができました。ひとつずつ、やりたいこと、やらねばならないことをやっていきたいと思います。現状、恥ずかしながら、知識が不足しています。相当なペースで勉強をしなければいけません。幸い、時間的にも、環境的にも、腰を据えて知識のインプットができる状態になりました。なって間もない身で言うのもなんですが、議員というものは、こと政策や制度を勉強することに関しては相当に恵まれていると感じます。

まずは、地方自治法と自治体財政、予算・決算の基本。地方自治法については、かじったことはあるものの、不十分。自治体の財政制度については常識の範囲でしか理解できません。そもそも私は、数字、数学に非常に弱い。ありとあわゆる数字が苦手なのですが、予算・決算は避けては通れぬ道。ここらへんに関しては活動の大前提として早急にスペシャリストにならなければいけないと思っています。関連書籍のまとめ読みを進めています。

そして個別の政策。リーフレットを見返しても、後援会のチラシを見ても、やはり総花的。あたまのなかには、おぼろげに形作られていても、いざ文章、政策にすると抽象的で、目指すターゲットも評価基準も手段も、使えるまでに明確になっていない。ブレークダウンと現状認識、立論の繰り返しを徹底しなければなりません。みなさんの意見、図書館、ネット、そして市役所各部局の方々。参考にできるものはたくさんあります。「地域づくり」「子育て」「教育格差・公教育の充実」「時代にあわせた教育」「地域包括ケアおよび介護」「ひとり親家庭への施策」「孤独について」「文化とスポーツ環境」など、なんとかしたいと思っている政策分野の政策形成に関しては、都度、ホームページにも書き込んでいきますので、みなさんのご意見をいただければと思います。その他、要望等についてもぜひご連絡ください。→ご意見はこちらから

2. やりたいことができるようになった(議会外活動)

議会での活動についてはまた改めて。議会外の活動で当面やっていくであろうことは、地域をまわって、街の声を聞くこと。どのような方法で、というのはいろいろとあると思います。ただ、後援会活動をはじめて半年ではなかなか思うように進みませんでした。自分を知ってもらうことで精一杯。市議会議員になったといっても、そこはまだまだ若輩者。ド新人。変わらず、これからは声を聞くことに主眼をおいて地域に出ます。以前よりかはお話ができるといいなーと思ってます。

また、地域だけでなく、多種多様な人材があつまる場所にも足を運びます。…と、さもやりたいような書き方をしましたが、実はこれが私の大の苦手分野なのです。身の回りからコツコツやるのは大好きなのですが、大きな意味で外に出ていくフットワークは重い。積極的に面白そうなことに関わることが苦手なんです。昔からひねくれ者気質で…とはいえ、そうも言ってられません。知見を広めるには、やはりいろいろなところに顔を出して、人的・知的なネットワークを広げる必要がある。おそらく今後の活動のなかで、いちばんの課題になりそうな気がします。

選挙が終わって1週間以後、駅に立てていませんが、3月からあいさつ運動を再開します。再開ののちブログに書きます。場所は、とりあえず以前と同じ駅と交差点ですが、徐々に場所も工夫してあいさつ運動ができるといいなと考えています。やってみてわかったのですが、朝からあいさつをすることは本当に気持ちがいい。みなさんにもそう思って頂けるよう試行錯誤して続けていきます。

これからブログを積極的に書いていきたいと考えています。毎日や、頻繁に更新することはおそらく私の力量では無理ですが、情報の提供と、政策の形成、雑感、書評、完全な趣味など偏ることなくバランスよく。少しでも政治に興味をもっていただけるように。これまでの写真嫌いでiPhoneにも写真が数枚という状況はあらたなければなりません。筆の遅さと堅苦しい文章もちょっと改善しなければダメですね。あと、一般質問などは、こちらに動画やダイジェストを載せたいと考えております。よろしくお願いします。


後援会について 


「龍神けいすけ後援会」では、後援会の会員を募集しています。 活動をしていくにあたって、みなさまのお力が一番の支えになります。ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。