白山高校、甲子園へ

昨日、夏の甲子園の初出場を勝ちとった白山高校野球部のみなさんが市役所を訪問されました。会場の市役所1階はマスコミ関係者もふくめて大勢の人。監督と学校関係者、選手のみなさんは拍手でロビーに迎えられました。

歓迎セレモニーの市長のことばにもありましたが、下剋上を成し遂げたこの夢のつづきをぜひ見せてほしい。学生にかぎりませんが、スポーツというものは勢いや流れというものが本当に大切。今のこの勢いを甲子園でも存分に発揮し、活躍されることを祈っています。

白山高校の快進撃は、地元白山そして津市の市民にとって素晴らしい贈り物となったと同時にそれなりの驚きもあったのではないしょうか。実は、昨秋からの成績を加味した朝日新聞予想でもダークホースにはあげられていたのですが、白山高校が序盤から優勢に試合を進めている時点で、すでに某インターネット掲示板はざわつきはじめていました。

キー局の情報番組でとりあげられるなど話題になりましたし、東監督赴任時の部員数、一昨年までの10年連続初戦敗退、女性部長の存在など、キャッチーな情報が多くあるため甲子園において観客からの声援も大きな力となるのではないかと思います。2007年の佐賀北高校への声援、賛否はありますが、2016年の東邦−光星学院戦の9回裏の逆転などは観客と東邦側スタンドが一体となっていました。ぜひ、旋風を巻き起こしてほしいですね。


ちなみに出身大学の付属校である慶應義塾高校も、激戦の北神奈川大会を勝ち抜いて、左右両エース時代以来10年ぶりに選手権出場を決めました。大学時代、早慶戦を何回も観戦して応援スタイルになじみがあるので、こちらも楽しみにして待ちたいと思います。


後援会について 


「龍神けいすけ後援会」では、後援会の会員を募集しています。 活動をしていくにあたって、みなさまのお力が一番の支えになります。ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。