ギャップを埋めること

しばらくホームページのブログを更新できずにいたときに、応援していただいている方々から、なんで更新しないの?という意見を多数頂きました。

メールと電話の違いの話においてよく言われるように、文面では、感情や、表情で表すことのできる機微を反映させることが難しく、なにかを書くことについては気を使うことが多いです。実際にいまも感じています。

そして、ともすれば自らのバイアスがかかりすぎるきらいのある、センシティブな話題に対する意見をどこまで書いていいものか、とまどっていたのも事実です。

そんななか、とある地元の先輩から、有権者と政治に関わるものとの「ギャップをうめること」「一緒に知識を得ていく」ことを考えて、とのアドバイスをいただきました。何を表現するか、どこまで表現するかの袋小路にはまっていた自分にとって、目の前のもやがすっきりと晴れるような、アドバイスでした。

ホームページを見ていただいた方の、政治・政策や政治家への関心をもつ一助になれることができれば、そして私も1年生議員として同じように知識や経験を増やしていければ、こんなにうれしいことはありません。ときには小難しい政策論や書評になるかもしれませんが、試行錯誤しながら情報発信をしていきたいと思います。


後援会について 


「龍神けいすけ後援会」では、後援会の会員を募集しています。 活動をしていくにあたって、みなさまのお力が一番の支えになります。ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。