いい意味でのアマチュア精神

質問をつくる過程で一番感じたこと。それは、行政・執行部の事情をすべて汲んでいたら何も変わらない、ということです。これは悪い意味のみで言っているわけではありません。当然、行政も市政一般をなんとかよくしていこうと日々邁進しているわけです。ただ、役所には役所の慣習やルール、また現体制での雰囲気があって、意識がずれることがある。

そして、前も述べたように、行政は各部各局に知識豊富な人材がそろった一大組織。いくら私たちが勉強をつづけても、細かいところの知識、現状の把握はその部門スタッフの集合体に劣る、よくて同じくらいのところまでだと思います。ちょっとやそっとの生半可な動きでは、その政策立案過程に楔をうつことはできません。

そこに別方向からの意思を波及させるのが、われわれ議員の仕事のひとつ。いい意味でのアマチュア精神が必要になってくると感じます。つまり、純粋にこうなってほしいという願望を研ぎ澄まし、財政的また制度的な制約を“ある程度”把握した上で、要求をしていくこと。

声をきくこと

なんとも冗長な説明になりましたが、端的にいえば、行政の事情に過度にとらわれすぎてはいけない、ということです。制度や関連法、先進事例の勉強は重要です。しかし、一番重要なのは、「何をどうしてどんな結果を得たいか」を純粋に感じ考えること。自分のいままでの経験や読書などで得た問題意識が大切であるいっぽう(これがなければ私が議員である理由はありません)、当たり前の話ですが、暮らす人の意見こそ本当に大切となってくるものです。

いろいろな場所に顔を出したり、お話を聞く中でその想いを感じていくわけですが、それを可視化するためにも、いま、市政一般にたいするアンケート用紙を作成しています。ゲラ版はすでにできていますが、完成版ができれば、このホームページでもダウンロードしていただけるようにしたいと思います。また、ホームページの「お問い合わせ」のコーナーでもご意見をいただけるようになっていますので、是非ご協力をよろしくお願いします。


後援会について 


「龍神けいすけ後援会」では、後援会の会員を募集しています。 活動をしていくにあたって、みなさまのお力が一番の支えになります。ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。