雑感

本年もよろしくお願いいたします

投稿日:

あけましておめでとうございます。昨年は、はじめての選挙もあり皆様に本当にお世話になりました。また、未熟者ゆえ多くのご迷惑をおかけしました。一歩一歩しっかりと成長していきたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

活動を振り返って

何を課題とし、どう動くかは自分次第。公私を問わず、課題を見つけたらそのために動ける環境があることは本当に幸せだと感じています。政策的な面からいえば、問題点を見つけることができれば、その資料を各部局に問い合わせることも政務活動費をつかって書籍を購入することもできますし、立場上、人にたずねることのハードルも低くなっています。体系的に財務や分析、経済学などの基礎理論を学びたいので本当は公共政策大学院に通いたいという気持ちもあるのですが。また、私的な面でいうと、たとえば、このホームページのリニューアル。選挙前からWordPressの力を借りて自作していたのですが、この度リニューアルしました。HTMLやCSSの知識が多少必要だったのですが、プログラミングとは何ぞやというレベルから、「〇〇がしたい」という動機づけで、構造の把握とすこしイジるくらいまではできるようになりました。

もっとできたのではないかと思うことは多くあるのですが、やはり一番に感じるのは現場に出て意見や事情をうかがうことが不足していたなと。そして、事業や計画などのチェックをこまめにすること。現場に出ることもすべては「現状をいかに精確に把握できるか」によるわけです。それは書類上も同じこと。ただ、これについては、どのような方法をつかって事業のチェック、数字のチェックを行っていくか悩んでいます。議案上程や日々のプレス以外のツールを見つけることに四苦八苦しています。この点については経験と、多くの先輩かを通して勘を養っていこうと思います。

今年の抱負

1年目が大事といろいろな方からアドバイスをいただきました。確かにそうだと思うのですが、個人的には2年目が一番大事だと考えています。1年目はスケジューリングや感覚を養うことに右往左往しました。そこで見えてきたことに対して、政務・政策的活動、また政治活動のどちらにおいても、どれくらい真剣に腰を据えて取り組めるか。後の2年にその流れをつないでいけるかの大切な時期。各方面全力で取り組みます。

目指すべき政策の大枠としては、公教育に関してどう特色を出せるか、そして漏れをどうなくしていくか。教員の負担軽減。新学習指導要領をいかに題目だけに終わらせないか。救急医療体制の充実、地域包括ケアとひとくくりにされている政策の細部の把握と地域へのアジャスト。先議会でも言及した図書館のまちづくりおよび知の拠点化、まちづくりに関する地域人材が動きやすい環境をつくること。また、議会改革先進地の事例などを勉強することに取り組んでいきたい。必須項目として財務のさらなる勉強。あとは、政策または制度に関する書籍を処理するスピードをあげたい(あげなければならない)。いまのままでは到底追い付きません。

政治活動としては、昨年度からひきつづきの市政アンケート活動。実際十分に現場に出ることはできていなかったと感じています。また、今年は各地でミニ集会をやることに注力したいです。まずは春先までに地元の地区で市政報告会を開催する方向で考えています。市政報告や集会といってもこちらから何かをしゃべるというよりは、双方向のやりとりを重視したい。アンケートと同じでいろいろな人の話を聞くという姿勢を大事にしたいです。

また、昨年はライオンズクラブや青年会議所といった団体に加入させていただきました。わたしのような若輩者がはたして両立できるのかという疑問はありますが、活動を頑張りたいと思います。また、息抜きとして、小説や漫画などの読書の時間と音楽を聴く時間を大切に。教養とは何かと問われれば、わたしは世界を測るものさしのようなものだ、と。深化した内面があってこそ発揮される個性が課題解決の一助となると信じてやまないので、いろいろな分野のいろいろな事象に感化され、エッセンスを吸収することを常にあたまにおいて時間をつかっていきます。

(参考?)昨年のベストブック

「戦略の世界史」(著 ローレンス・フリードマン 2018)
「僕だけがいない街」(著 三部けい 漫画)

(参考???)昨年のベストミュージック

「Tala」Jay Daniel
「月姫」山口美央子(1983)

-雑感

Copyright© 龍神けいすけ Website , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.